紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

吉原の高級ソープランドは有り難みが激高! なかなか行けないお店ゆえ辿り着けた時の喜びはヒトシオ!! リラックス度満点の激安店も捨てがたし!

Blog1



 ソープランドは、気軽に遊びに行ける場所なのか? その答えは、「YES」とも「NO」とも言える。なぜならば、一口にソープランドと言っても、激安店から超高級店まで、幅広いグレードのお店があるから!

 入浴料とサービス料の総額が10,000円以下の激安店などであれば、給料日からさほど時間が経っていない月の前半ならば、わりと気軽に遊びに行けるだろうが、総額が50,000円以上の高級店ともなれば、給料日の直後でも熟考が必至。たらふく酒を飲み、酔った勢いで入店などしてしまったとしたら、素面(しらふ)に戻った翌朝に、激しく後悔することも十分に予想できる。
 
 今は、サラリーマンの平均小遣い額が月に37,428円という時代(データ元は、新生銀行の「2017年サラリーマンのお小遣い調査」)。一晩で50,000円以上の出費は、とんでもない大盤振る舞い、ということになるから。

 なので、某消費者金融の宣伝コピーではないが、「ご利用は計画的に」しないといけない(高級店に遊びに行く場合は、少し前から節約をしてお金を貯めておくとか)。もちろん、それは一般庶民の話であり、年収1千万円以上の高給取り(お金持ち)であれば、問題はないのだろうが…

Blog2



 というわけで、ボーナス時期以外に、庶民が高級店に遊びに行く場合は、積立金的なものが必要。そもそも1ヶ月の小遣いが3万円程度だったら、貯金をしておかなければ、高級店に行くことは不可能であるし。

 なので、一般の庶民にとって、ソープランドの高級店は敷居が高く、そこで働く泡姫たちは、まさに高嶺の花! しかしながら、気軽に遊びに行けない場所であるがゆえに、逆に、高級店の価値が上がり、何とか苦労してそこまで辿り着けた時の喜びは、とんでもなく大きなものになる。“頑張って働いてきて(さらに節約までして)、本当によかった~”という感じで!

Blog3



 いずれにしろ、高級店は、一般庶民にとっては、有り難みが大きい場所。なので、もし吉原や堀之内の“超”高級店などに行く機会があったら、卒倒するほど興奮してしまうかもしれない。嬉しすぎて!

 とは言え、激安店には激安店のよさがあるから、一概には、どちらが上とは言えない。お店の造りや泡姫のレベル、サービス内容などは高級店に及ばないかもしれないが、“リラックスできる度”は、おそらく激安店の方が上だと思われるので! “きらびやかな場所”が苦手という男性も、少なからず存在しているだろうし(料金の安さは言わずもがな)。

Blog4



 そんなわけで、ソープランドは、お店のグレードによって、気軽に遊びに行ける場所とも行けない場所とも言える。しかしながら、楽しい場所であることは、どの店でも同じ。なので、無理をして高級店に行く必要はない。“高級店が性に合う”という男性は、頑張った方がいいかもしれないけれど(いろんな意味で)。

19/04/04 12:56:19


Banner
PAGE TOP ▲