紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

お店の届出数はデリバリーヘルスがナンバーワンでも、風俗の王様はやっぱり、ソープランド! 高級ソープランドのおもてなしの質は極上だから!!

Blog1



 “風俗の王様”などと言われているソープランドだが、お店の数では、デリバリーヘルスに遠く及ばない。ちなみに、平成29年度の「無店舗型性風俗特殊営業1号」(デリバリーヘルスが該当)の届出数は20,116。ソープランドが該当する「店舗型性風俗特殊営業1号」の届出数は1,217なので、デリバリーヘルス店の数は、ソープランドの約16倍。お店の数では、デリバリーヘルスの圧勝なのだ(データのネタ元は、警察庁生活安全局保安課が発表した「平成29年における風俗環境の現状と風俗関係事犯の取締り状況等について」)。

Blog2



 とは言え、デリバリーヘルス店の数が多いのは、無店舗ゆえの出店しやすさも大いに関係しているので、デリバリーヘルスが風俗の“ニューキング”ということにはならない。実際、ソープランドは、今でも非常に根強い人気を誇っているし。

 ただし、世の男性たちのデリバリーヘルスに対するニーズが高いことは事実。

 料金の手頃さや、「お店に出向く必要がない」という利便性はやはり、大きな魅力になっているようで、店舗型性風俗特殊営業(ソープランド、店舗型ヘルス、ストリップ劇場などが該当)の届出数が、過去5年の間に毎年、減少しているのに対し(平成25年には8,501件あった届出数が、平成29年には7,862件に減少。ただし、ソープランド自体は、ほぼ横ばい)、デリバリーヘルスが該当する無店舗型性風俗特殊営業の届出数は毎年、増加。平成25年には19,986件だった届出数が、平成29年には21,398件にまで増加しているのだ。

 ちなみに、無店舗型性風俗特殊営業には、「アダルトビデオ等通信販売」も該当するが(無店舗型性風俗特殊営業の2号)、その伸び数は、1,172(平成25年)から1,282(平成29年)なので110ということになる。一方、デリバリーヘルスが該当する無店舗型性風俗特殊営業の1号(派遣型ファッションヘルス等)の届出数は、18,814から20,116なので、過去5年の間の伸び数は、「アダルトビデオ等通信販売」(無店舗型性風俗特殊営業2号)の約3倍。無店舗型性風俗特殊営業全体の届出数の大きな伸びは、デリバリーヘルス店の増加分によってもたらされている、と解釈することができる。

 お客さん目線で言えば、「今一番、利用しやすい風俗はデリバリーヘルス」ということになるのかもしれない。

Blog3



 しかしながら、ソープランドが長期に渡って君臨している“風俗の王様”の座は、今後も揺らぐことはないだろう。なぜならば、高級ソープランドのサービスの質は、風俗業界の中でナンバーワンだから。高級ソープランドの料金の相場は50,000円~となっているが、その金額に見合うだけのサービスを提供しているのは高級ソープランドだけなので、現存する他の風俗にその座を奪われる確率はかなり低い、と言えるのだ。

 高級ソープランドの“おもてなし”は、簡単に言えば極上。唯一無二とも言えるので、今後も根強い男性ファンたちに支えられ、“風俗の王様”として君臨していくことだろう。

19/04/11 08:27:33


Banner
PAGE TOP ▲