紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

吉原の歴史は約400年! 誕生地は現在の人形町だが、明暦の大火後に台東区に移転。ソープランド街になったのは、1957年以降!!

Blog1



 日本一のソープランド街である吉原のルーツは、皆さん、ご存知の吉原遊郭。ただし、吉原遊郭の誕生地は、江戸の日本橋周辺(現在の人形町。誕生したのは1617年)で、現在の吉原のソープランド街がある台東区の千束四丁目付近に移転されたのは1657年のこと。なので、江戸の日本橋付近を“元”吉原、明暦の大火(1657年の3月2日に発生)後に移転された浅草寺裏の日本堤周辺を“新”吉原と分けて呼ぶことがある。

 ちなみに、吉原という名称の由来は、江戸幕府が遊郭設置場所として提供した土地(日本橋葺屋町続きの2丁四方の区画)が海岸に近い低湿地で、葦(よし。イネ科ヨシ属の多年草)が茂っていたから、だと言われている(『葦原』とは、「ヨシの繁る場所」という意味)。

Blog2



 というわけで、大規模な移転などはあったものの、吉原の歴史は、約400年とかなり長い。ただし、遊郭にはもっと長い歴史を持つものがあり、“遊郭の始まり”とされる柳原遊郭(京都)は、吉原より30年ほど前の1587年に設置されている。また、遊郭ができる前から遊女は存在しており(一部では、神社の巫女による官人の接待がその起源、と言われている)、室町時代には、日本の公娼地の始まりとされる傾城町(京都)が、すでに存在していた。

Blog3



 いずれにしろ、吉原遊郭の歴史は長く、かつネームバリューは日本一。有名な遊郭の跡地としては、大阪の西成にある飛田新地などと双璧。ちなみに、飛田遊郭が誕生したのは1918年(大正7年)。1912年(明治45年)に起きたミナミの大火によって、難波新地乙部遊廓が全焼し、その地から移転されたのが始まり。

 もし1957年(昭和32年)に売春防止法が施行されていなかったら? 吉原は、今も日本一の遊郭として賑わっていたのだろうか? ソープランド街としてではなく…

19/04/25 10:18:26


Banner
PAGE TOP ▲