紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

「泡姫=ソープランド嬢」は、ほぼ世間の常識だが、「義理風呂」「お茶をひく」「裏を返す」などは、ソープランド好き以外には、意味不明!?

Blog1



 業界特有の専門用語は、当然ながら、ソープランドの世界にも存在する。「フリー」「姫予約」「義理風呂」「お茶をひく」といった感じのものが。

 その中で、最も有名(一般的)なのは、「泡姫」という呼び名だろうか? 「泡姫」と聞いて、「ソープランド嬢」のことを思い浮かべない成人男性は、おそらく全体の2割以下。逆に言えば、成人男性の8割くらいは、「泡姫=ソープランド嬢」と認知しているはず。

 なので、「泡姫」は、もはやソープランド業界特有の専門用語ではなく、一般(普通)名詞と言ってもいいかもしれない。逆に、前述した四つのソープランド用語は、ソープランド(風俗)好きでなければ、おそらく意味が分からないはず。

 たとえば、街頭インタビューなどで、「ソープランド用語の『フリー』という言葉の意味を知っていますか?」といきなり聞かれたら、多くの男性が、「『フリー』ですか? ソープランド用語ということは、特定のお店に所属していないフリーランスのソープランド嬢のことではないですか?」などと誤答してしまうことだろう。

Blog2



 いずれにしろ、ソープランド用語の中には、ソープランド(風俗)好き以外には、馴染みの薄い言葉がたくさんある(専門用語なので当たり前?)。

 ちなみに、「フリー」の意味は、「指名をせずに、お店に、自由恋愛の相手の選択をまかせる」こと。

 また、「姫予約」は、「お店にではなく、泡姫を通して次回の予約をする」ことで、「お茶をひく」は、「泡姫に、一人もお客がつかない状態」のことを言う。

 「義理風呂」は、「お茶をひく」に関連する言葉で、その意味は、「お客がつなかい泡姫のために、お店が系列店のスタッフや知り合いに依頼し、その泡姫のお客になってもらう」こととなっている。

Blog3



 というわけで、ソープランド用語の中には、“いかにも専門用語”といった感じの、部外者にとっては、意味が想像しにくいものも少なくない。ソープランド用語の中には、「裏を返す」(一度接客してしてもらった泡姫に、もう一度、指名をして接客してもらうこと)というものもあるが、これなどは、言葉を聞いただけでは、ほとんど意味不明。想像すらできないのではないだろうか?

 いずれにしろ、ソープランド業界には、専門用語が数多く存在している。ただし、通ぶって業界用語を連発すると、泡姫に引かれることもあるので注意が必要。何事も無理をせず、自然体が一番なので!

19/07/25 13:54:01


Banner
PAGE TOP ▲