紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

とんでもない猛暑到来で水温低めなお風呂の需要が増大!? ソープランドで“さっぱり&ゆったり”過ごすのが最高!

Blog1



 梅雨が明けたら、いきなり猛暑。しかも、生命が危険に晒されるほどの…。


 ちなみに、7月30日の中日新聞の朝刊には、


「熱中症とみられる救急搬送者の内訳は東京消防庁管内百二十一人、千葉県三十七人、神奈川県四十九人、宮城県三十三人、群馬県が二十九人、岩手県二十三人、静岡県十九人、石川県十五人。


 二十九日は全国九百二十六観測点の八割近くが三〇度以上の真夏日となり、うち七十地点が三五度以上の猛暑日に。兵庫県豊岡市で三六・六度、埼玉県鳩山町や京都市で三六・五度、大阪市で三五・二度を観測。札幌市や仙台市、福岡市でも三〇度を超えた。
。」


 という記事(抜粋)が掲載されていたみたいです。

Blog2




 というわけで、これから一ヶ月くらいは、熱中症対策が必須にして重要。特に、冷房(クーラー)をあまり好まない高齢者さんなどは、大きな注意が必要。熱中症は死につながる病気であり、高齢者は若い人に比べて、暑さを感じにくい傾向があるようなので、細心の注意が必要になります。実際、高齢者の場合、知らぬ間(自覚症状なし)に熱中症になっていた、という事態を招くこともあるようなので!

 
 いずれにしろ、気温が35度以上になることも普通になってきた今、猛暑対策は非常に重要。『サワイ健康推進課』というサイト(https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/)の、『脱水症・熱中症・熱射病を予防するには』なる記事(https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/201408.html)によれば、熱中症対策には、「涼しい環境と冷却」「水だけでなく塩分も補給」「日頃からこまめな水分補給を」などがあるようですが、個人的には、「水温低めなお風呂に入り、体を冷やす」こともいいのではないか? と思っております。


Blog3



 なので、自分が真夏にソープランドで遊ぶ場合は、お風呂の水温は低めでお願い。自由恋愛を涼しげにゆったりと楽しませていただいております。


 ちなみに、夏は、ソープランドにとっては稼ぎ時。6月の末から7月の頭くらいにボーナスの支給があることに加え、長めの夏季休暇(お盆休み)まであるため、客足が伸び、お店も泡姫も笑顔になります(泡姫の場合は、忙しすぎて笑顔がひきつることがあるかもしれませんが…)。



 いずれにしろ、夏のソープランドは、特に元気いっぱい。前述したような事情から、夏は、フリーのお客さんも増えるため、フリー割引や新規客向けの割引イベントなどが開催されることが多いので(夏らしい水着祭りなどを開催するお店もあります)、ソープランドファンとしては、絶対に見逃せません。


 もしかしたら、暑い夏は、ソープランドのお風呂で“さっぱり&ゆったり”するのが一番いいのかもしれません。それが熱中症対策になるかどうかは、残念ながら、不明ですが(笑)。

19/08/01 11:46:15


Banner
PAGE TOP ▲