紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

ソープランドの始まりは、銀座で垢すりサービスなどを行っていたスチーム・サウナ店。ただし、自由恋愛とは無縁!

Blog1



 ソープランドの起源は、1951年(昭和26年)の4月に、銀座で営業を開始した『東京温泉』。とは言え、この『東京温泉』は、中東の伝統的な公衆浴場「ハマム」を模したトルコ風呂(スチーム・サウナ)のお店で、女性従業員によるマッサージサービスなどはあったものの、自由恋愛とは無縁であったため、現在のソープランドとは、かなり趣を異にしていた。

 しかしながら、『東京温泉』の登場によって、トルコ風呂が、日本国内で一般化していったことは紛れもない事実。そして、後続のトルコ風呂店の多くが、『東京温泉』とは異なり、性的サービスを導入。そのことが下地になり、1958年(昭和33年)の売春防止法の施行後に、現在のソープランドと類似のサービスを行うトルコ風呂店が、全国各地で誕生していくことになった。

Blog2



 いずれにしろ、1951年に『東京温泉』が銀座で誕生していなかったら、ソープランドの歴史が大きく変わっていたことは確実。なので、やはり、『東京温泉』は、ソープランドの歴史の中で非常に重要。もし『東京温泉』の開店がなかったら、ソープランド自体が、この世に誕生しなかった可能性すらあるので!

 ただし、『東京温泉』自体は、性的サービスのないスチーム・サウナ店であったので、後に日本中にトルコ風呂店が乱立し、自由恋愛が大いに持て囃されることになるとは、『東京温泉』の創設者は、まったく想像をしていなかったはず。当然ながら。

Blog3



 ちなみに、『東京温泉』は2004年まで営業。ソープランドは、東京の吉原を始めとする全国各地で元気に営業を続けているが、出店規制などの影響で、少しずつ店舗数が減少。現在の出店数は、約1,200となっている。

19/09/05 12:45:39


Banner
PAGE TOP ▲