紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

ソープランドの料金は、入浴料とサービス料の総額だけど、入浴料のみの表示になっていることが多いのは、個室での出来事は泡姫に任せられているから!?

Blog1




 ソープランドに初めて遊びに行く場合、気を付けなければならないのは、その料金表示。ソープランドの利用料金は、入浴料とサービス料を合わせた総額になるのですが、お店のホームページや看板などには、入浴料しか表示されていない場合があるので、早とちりをすると大変。接客をしてくれる泡姫に支払うサービス料の相場は、入浴料(お風呂の利用料金)の2~3倍の金額となっているので、実際にお店に行ってみたら大慌て…、となることも十分に予想できるから!


Blog2



 なぜゆえに、そのような料金表示になっているかと言えば(最近は、ソープランド初心者のために総額表示をしているお店も増えてきていますが)、それはズバリ、ソープランドは、泡姫たちが個人経営する小さなお風呂屋さん(公衆浴場)の集合体、ということになっているから!

 ちょっと難しい(ややこしい)話をさせていただくと、ソープランドはまず、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)によって、“店舗型の性風俗特殊営業”と定められています。また、風適法の第2条第6項1号では、「浴場業の施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業」と定義されているので、公衆浴場としての条件も満たさなければなりません。そのために、ソープランドでは、保健所の検査が定期的に行われ、水質や衛生面のチェックなどが実施されているのです。

Blog3



 というわけで、ソープランドは、店舗型の性風俗特殊営業であることに加え、個人経営の公衆浴場の集合体でもあり、お店は、泡姫たちに接客するための場所を提供(貸)しているだけで、お客さんが個室に入った後のことには関知していないのです(少なくとも表面的には)。

 なので、ソープランドの料金表示は、お店の収入となる入浴料だけとなっていることが多いのです。

 いずれにしろ、ソープランドの料金は、入浴料とサービス料の二段階制。サービス料は、泡姫たちの気持ち次第、と言いたいところですが、前述したように、入浴料の2~3倍の金額というのが相場になっています。

19/09/18 16:57:35


Banner
PAGE TOP ▲