紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

ソープランド用語の「裏を返す」「お茶を挽く」「登楼」は、吉原が遊郭だった時代からある言葉で、実に味わい深い。古き良き日本の“かをり”がする!?

Blog1



 ソープランド用語の中には、吉原が遊郭であった時代から使われ続けている言葉がいくつかある。

 たとえば、一度接客した相手が再度来店し、指名をしてくれることを意味する「裏を返す」という言葉は、吉原が遊郭であった時代に、遊女が客から指名されると、壁に掛けられていた遊女の名札が裏返しにされたことが、その語源となっている。

 また、嬢がお店に出勤しても客が一人もつかない状態を「お茶を挽く」と言うのだが、これも吉原が遊郭だった時代からある言葉で、当時は、茶の葉を挽くことが、客がつかない遊女の役割だったことから、そう言われるようになったようだ。

 ちなみに、令和となった今、実際に嬢がお茶挽き状態になった場合には、お店のスタッフが気を利かせ、系列店の従業員などに声をかけて入浴をしに来てもらう、「義理風呂」という救済措置が取られることがあるようだ(もちろん、お茶挽き状態のまま勤務終了になることもある)。

Blog2



 いずれにせよ、ソープランド用語には、かなり長い歴史を持つ言葉も少なくない。

 ソープランドでは、接客数を「1本」「2本」と言ったりするが、それも、江戸時代の遊郭で、約30分で燃え尽きる線香が、タイマー代わりに使用されていたことの名残。線香が燃え尽きれば接客終了、すなわち仕事が1本完了! ということになったので、接客数の単位として、「本」を使うようになったらしい。

Blog3



 というわけで、ソープランド用語の中には、歴史を感じさせる味わい深いものがいくつか存在している。「登楼」という言葉なども、実に響きがよい。

「登楼」とは、江戸時代には、遊郭に遊びに行くことを意味していたが、遊郭が消滅した今では、その目的地はソープランドとなっている。ただし、その使い方は、実はけっこう難しい。なぜかと言えば、ソープ(風俗)好きでない友達に、「久々に登楼しようと思っているんだよね」と言っても、まず意味が伝わらないし、予約のためにお店に電話をかけた際に、「明日、登楼したいんですけど」などと言ったら、意味は伝わるだろうが、微妙な反応(苦笑?)をされる確率が高くなる、だろうから。

 なので、「登楼」という言葉は、古き良き日本の文化を愛する、違いの分かる男性に出くわした際に使う、ということにしておくといいのかもしれない。

19/10/30 12:05:16


Banner
PAGE TOP ▲