紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

ソープランドの勃興期は1958年以降。1960年代の末に堀之内で“泡踊り”が考案されたことが人気爆発の決定打に!

Blog1



 ソープランド(トルコ風呂)の誕生と発展は、1958年(昭和33年)に施行された売春防止法との関連性が非常に高い。なぜかと言えば、売春が違法になることにより、職を失う危機に瀕した売春施設の関係者ちが、当時人気が出始めていたトルコ風呂の経営に乗り出し、赤線や青線地帯で働いていた女性たちの多くがそこに流入(スライド)することにより、トルコ風呂の店舗数が急激に拡大されていくことになったから。

 ただし、トルコ風呂自体は、売春防止法が施行されるずっと前から存在していた。トルコ風呂の元祖とされる『東京温泉』が誕生したのは1951年。それは、売春防止法が施行される7年も前のことだった。

 しかしながら、当時のトルコ風呂は、現在のソープランドとは大きく趣を異にする、いわば別物だった。そこは自由恋愛を楽しむ場ではなく、マッサージがメインのサービスとなっており、手コキで男性を昇天させる「スペシャルサービス」(通称“おスペ”)を最大の売りにしていた(『東京温泉』は健全なマッサージサービスだけで、「スペシャルサービス」は行っていなかった)。

Blog2



 なので、トルコ風呂で自由恋愛が楽しめるようになったのは、売春防止法が施行されてしばらく経ってから(その前にも、“おスペ”の延長で、なるようになってしまった男女もいたかもしれないが…)。現在のソープランドと類似のサービスを提供してくれるトルコ風呂店は、売春防止法の施行前には存在していなかったのだ。

 いずれにしろ、売春防止法施行後にトルコ風呂店の数は右肩上がりで増加していき、1960年代に突入すると、その数は全国で200を突破。1966年に、トルコ風呂は、風俗営業法の適用を受けることにもなる。

 そして、それから3年後の1969年に、堀之内で画期的なサービス“泡踊り”が考案されてそれが大きな話題となり、人気が爆発。トルコ風呂は、1970年代に入ると黄金期に突入し、その勢いはバブル景気が崩壊する頃まで続いた。

 ちなみに、名称がトルコ風呂からソープランドに変わったのは、1984年の12月。当時、東京大学で勉学に励んでいたトルコ人留学生による名称変更要請を厚生省が受け入れ、東京都特殊浴場協会がトルコ風呂に変わる新たな名称を公募することになり、その結果、ソープランドに改称することが決定した。

Blog3



 というわけで、メインサービスがマッサージであったトルコ風呂店で、現在のソープランドと同じようなサービスが堪能できるようになった大きなきっかけは、1958年の売春防止法の施行。

 とは言え、トルコ風呂で自由恋愛が楽しめるようになっていったのは、店側の戦略ではなく、“客のニーズへの対応”という意味合いが大きく、お店やそこで働く嬢にとっては、ある意味、苦肉の策であった。

 世の男性の欲望は、“おスペ”で満足できるものではなかった、ということなのだろう。

19/11/06 09:43:13


Banner
PAGE TOP ▲