紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

吉原、新宿、堀之内、すすきの、雄琴、福原、中洲、etc. 人気のソープランド街には、県民性も含めて、それぞれ大きな特徴があり! 

Blog1



 日本一のソープランド街は、東京の吉原(台東区)。しかしながら、それは店舗数やお店のグレードなどの話で、「一番遊びやすい場所も吉原!」とは、簡単に言えない。なぜならば、最も快適に遊べるソープランド街は、人それぞれ。“好み”に大きく左右されるものだから!

 とは言え、吉原のソープランドの店舗数は約140で、全国でダントツのナンバーワン(2位は福岡の中洲で約80軒)。高級ソープはもちろんのこと、大衆店や格安系のお店も存在しているので、気軽に遊ぶことも可能。なので、やはり、ナンバーワンと呼ぶべき要素が満載。あとは、個人個人の吉原という街との相性次第、といったところだろう。吉原に限らず、全国のどのソープランド街にも、それぞれの“匂い”のようなものがあるので、実際にその地を訪れてみないと、自分に合うかどうかは分からないものなので!

Blog2

 

 というわけで、雑誌やネットなどでどんなに絶賛されていても、そこが自分に合う場所であるかどうかは、実際に足を運んでみないと分からない。当然ながら、新宿の歌舞伎町のような都会の真ん中にあるソープランド街と、滋賀の雄琴のような温泉街のすぐ近くにある“ひなびた”ソープランド街では、受ける印象がかなり違ってくる。

 また、『県民性』という言葉が存在していることからも明らかなように、47都道府県には、それぞれに特徴的な気質があるので、未知のソープランド街に遊びに行った場合は、それとの相性も大きなカギになってくる。クールな気質を歓迎する方は、当然ながら、人懐っこさが最大の特徴(県民性)である場所には、多少なりとも違和感を覚えることになるはずなので、“ココのソープランドは、自分には合わないかも”という結論に達する可能性がどうしても高くなる。もちろん、人懐っこさを愛する方なら、“ココは最高だね!”となる確率が高くなるが。

 ちなみに、県民性のひとつの例をあげてみると、北海道民には、「他県民に対する偏見が少なく、新しもの好き」という特徴があるが、男性と女性ではまた、気質が少し異なるようで、北海道民の男性には、「おおらかで細かいことをあまり気にしない」という特徴がある一方で、女性には、「男女平等の精神が強く、男勝りでサバサバしている」という特徴が見られるようだ(もっと詳しい県民性の特徴は、『47の県民性』[https://県民性.jp/]で確認できる)。

Blog3



 いずれにしろ、47の都道府県には、それぞれに県民性というものがあるので、未知のソープランド街に遊びに行く場合は、その辺の事情も事前にリサーチしてみるといいかもしれない。

 ちなみに、ソープランドの店舗数がナンバーワンの東京出身の女性には、

「気が強くてプライド高め。ダサいことやカッコ悪いことは悪と考え、頭の回転が早くて堅実で、意外に楽天家」

 という特徴があり、ソープランドの店舗数がナンバーツーの福岡女性は、

「流行に敏感で目立ちたがり屋。自分の意見をしっかりと持っているのも特徴。ただし、筑前、豊前、筑後では性格が異なり、筑前はサバサバ、豊前は福岡の中では控えめ、筑後は根気強い。また、『博多美人』と言葉があるように、美人が多いことも特徴」

 という県民性を有しているようです(県民性に関するネタ元は、『47の県民性』[https://県民性.jp/])

19/11/21 09:05:40


Banner
PAGE TOP ▲