紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

ソープランドは「店舗型性風俗特殊営業」。もう少し詳しく言うと、「浴場業の施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業」

Blog1



 ソープランドは、『風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)』によって、「店舗型性風俗特殊営業」と定められている。また、『風適法第2条第6項1号』では、「浴場業の施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業」と定義されているため、公衆浴場としての条件も満たす必要がある。ゆえに、ソープランドは、保健所の検査を受けている。

 簡単に言えば、ソープランドは、「風俗的(性的)なサービスが受けられるお風呂屋さん」ということになる。繰り返しになるが、ソープランドは、『風適法第2条第6項1号』によって、「浴場業の施設として“個室”を設け、当該“個室”において異性の客に接触する役務を提供する営業」と定められているため、厳密に言うと、『小さなお風呂屋さん(個室)の集合体』ということになる。

Blog2



 いずれにしろ、ソープランドは、風俗店であるだけでなく、“お風呂屋さん”でもあるので、女性とお風呂が大好きな男性にとっては、まさにパラダイス。男性の中には、女性と一緒にお風呂に入ることに抵抗を感じる方もいるようだが(恥ずかしいから?)、一度、ソープランドで至れり尽くせりのサービスを受けてみれば、“女性と一緒にお風呂に入ることって最高!”と思い直すことができるかもしれない。


 ちなみに、ソープランドの泡姫がしてくれる具体的なサービスには、基本的な性的スキンシップなどの他に、スケベ椅子やローションなどを利用して行う、ソープランドならではの特殊なプレイがいくつか含まれているため、その味(旨み)を日常生活の中で堪能することは難しい。

 運よく、現役もしくは元の泡姫とお付き合いすることができれば、家のお風呂で再現してもらうことは可能になるが(マットプレイなどは、スペースの問題で、一般家庭のお風呂では再現が難しい)、そういったケースは、かなりレア。

 一般人の(ソープランドとは無関係な)彼女や奥さんに、泡姫のテクニックを習得してもらうという方法もないわけではないが、正直なところ、それはクリアするのがかなり難しい(ハードルが高い)行為になってしまうので、そういうケースはまず見られない、と思っておいた方がいい。プロ野球界のレジェンドの一人である元三冠王の奥様は、独学で泡姫のテクニックを学び、それを家で実践することによって、元三冠王のソープランド通いを止めさせた、という伝説があったりもするけれど…。

Blog3

本文3


 というわけで、「泡姫のテクニックスはやはり、ソープランドで堪能するもの」と思っておいた方がいい。逆に言えば、ソープランドのサービスは、お店でなければ味わえない特殊(スペシャル)なものであるから、大きな需要があるわけで、彼女や奥さんが、家庭で簡単に実践できるものではない。

 ゆえに、泡姫は、ある意味、職人。性の技術者なのである。

 なので、ソープランドの料金が、他の風俗よりも高めなのは、ある意味、当たり前。特に、高級ソープランド嬢の接客術も含めたテクニックは、非常に高度なものがあるので、料金が「5万円~」という高額でも十分に納得できる。2時間前後という長時間に渡って、サービスしてくれるわけだし。

Blog4



 いずれにしろ、一流のソープ嬢は、非常にプロフェッショナル。美しく華麗な職人なのである。

20/04/07 11:15:04


Banner
PAGE TOP ▲