紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

下半身が“絶好調”ならば、自信がみなぎり、女性に(泡姫にも)モテモテ!? 逆に、短小や包茎などの悩みがある場合は…

Blog1

 短小、包茎、早漏。それは、下半身に関する男性の三大悩み。ただし、日本人の7割以上が包茎と言われており(そのほとんどが“仮性”包茎)、包茎であっても“仮性”であれば、基本的には、日常生活に支障をきたすことがないので(入浴を欠かさず、その際に包皮を剥いて、普段、包皮に覆われている内側の部分をしっかりと洗浄し、清潔にしておくことが条件)、実は、包茎で悩む必要はあまりない。とは言え、包皮を剥いて洗浄することが不可能な“真性”包茎であった場合は、日常生活に支障をきたすことがあるため、放置は厳禁で、悩む前に病院に行って治療をしてもらうことが不可欠にして、非常に大切になる(だから保険が適用されるのです)。

Blog2

 いずれにしろ、男性の三大悩みの中では、深刻度という点では、包茎が一番小さい。もちろん、個人差はあり、包茎であることが非常に大きな悩みになる場合もあるが、仮に“真性”包茎であったとしても、基本的には、病院に行って治療(手術)をしてもらえば悩みは解決できるので、下半身に関する三大悩みの中では、包茎がやはり、一番解消しやすいと言るだろう。

 ただし、包茎手術を受ける際に、病院選びを間違ってしまうと、手術後に形状がおかしくなったり、後遺症が残るなどの不本意な結果になってしまう場合があり(手術の技術が未熟な医師も存在するため)、また、“仮性”包茎の手術を受ける場合は、保険が適用されないため(前述したように、“仮性”包茎であっても、基本的には、日常生活に支障をきたすことがないがその理由)、それなりの費用がかかってしまうので、注意が必要になる。

 残念ながら、包茎の手術を行っているクリニックの中には、詐欺まがいの商売をしているところもあるようなので(実際に、包茎手術の金銭に関する多数の相談が、国民生活センターに寄せられている)、包茎手術を受ける場合には、最初にじっくりと病院選びをすることがとても大切になるのだ。

Blog3

 というわけで、包茎克服には、大きな落とし穴とも言うべきものがあるので、細心の注意が必要。安易な病院選びは、悪い結果を招きかねない、ということをしっかりと頭に入れておいていただきたい。

 短小と早漏に関しても、病院で治療を受けることができるが、短小ペニスを手術によって巨根にすることは難しいようだし(サイズを数cm程度アップさせることは可能)、早漏の場合は、その原因が、射精習慣や包茎であること(その結果、亀頭が敏感に…)、さらに、メンタル面の不調であるケースもあるので、ある程度の長いスパンでの修正や治療が必要、と心得ておいた方がいい。

 ちなみに、短小改善のために行われる“長茎術”なる治療(手術)は、下腹部にメスを入れて、お腹の中に埋もれているペニスの根元を外に引っ張り出すというものなので、一部では、危険度が高い、と言われていたりもする。

 また、短小改善には、亀頭にヒアルロン酸を注入する方法もあるが、この治療を受けても、亀頭が一回り大きくなるだけなので、長さはさほど変わらない(ただし、ペニスの見た目の逞しさは増す)。亀頭にヒアルロン酸を注入する治療に関しては、そのことに加え、亀頭に注入するヒアルロン酸の料金が高額であるため(1ccあたり5~10万円程度が相場)、事前の治療費のチェックが必須となる。さらに、ヒアルロン酸は、半年~1年くらい経過すると体内に吸収さられるため、亀頭を大きくしたままにしておきたい場合は、継続的なヒアルロン酸の注入が必要になる、ということも心得ておかなければならない。
 
 なので、男性の下半身に関する三大悩みを克服するためには、それなりの時間やお金が必要になる、と思っておいた方がいいかもしれない(保険が適用される真性包茎の手術は、初診料や薬代などを含めても、3~5万円程度の出費で済むようだが)。

18/07/17 09:49:47


Banner
PAGE TOP ▲