紳士のための首都圏ソープランド情報

おとせんコラム

東洋一の歓楽街・歌舞伎町を擁する新宿。ソープランドは格安店から高級店までいろいろ

Blog1

 眠らない街、新宿・歌舞伎町。東洋一の歓楽街というだけあり、ここで営業している風俗店は非常に多く、ソープランドも少なくない。

 そんな新宿・歌舞伎町は、第二次世界大戦後に、「歌舞伎の演舞場を建設し、これを中核として芸能施設を集め、新東京の最も健全な家庭センターを建設する」という都市計画の下、“歌舞伎町”と名付けられ、次第に発展していった(ただし、新宿コマ劇場の建設などはあったが、この事業案自体は、財政面の問題などから、実現することはできずに終わった)。

Blog2

 歌舞伎町に風俗の施設が見られるようになったのは、1960年代の半ば以降のこと。飲食店や映画館、ボウリング場、サウナなどと共に、ラブホテルやトルコ風呂(現在のソープランド)などが営業を始め、その後にホストクラブやキャバレーなどの風俗店が続々と開店していき、東洋一の歓楽街と呼ばれるまでに成長することになったのだ。

Blog3

 現在、歌舞伎町で営業しているソープランドは約10軒。日本一のソープランド街である吉原などに比べれば、正直、寂しいような気もするが、東洋一の歓楽街である歌舞伎町には、3,000を超える風俗店(ヘルス、ピンクサロン、セクキャバ、バー、キャバレー、ラブホテルなど)があるので、華やかさ(ギラギラさ)は、むしろ上。

 また、歌舞伎町には、高級店だけでなく、お手軽な価格で遊べるソープランドもいくつかあるので、友達や同僚とお酒を飲んだ後に、ふらっと立ち寄る、なんてことも可能。さらに、東洋一の歓楽街にあるソープランドなので、働いている女性のレベルは総じて高く、となれば当然、遊んだ後に抱く満足度も高くなる。風俗通に言わせれば、衛生面の管理もしっかりされている、良質なお店が多いらしいので、一度、覗いてみる価値は大いにあり! と言えるのかもしれない。

Blog4

 歌舞伎町以外に目を向けてみると、新宿二丁目にも営業しているソープランドがある。ただし、住所は新宿の二丁目だが、最寄りの駅は東京メトロ(丸の内線)の新宿三丁目で、靖国通りと明治通りが交差した角のあたりにあるので、日本一のゲイ・タウンの真ん中で営業している、というわけではないようだ。

Blog5

17/10/29 05:14:09


PAGE TOP ▲