紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

料金の総額が6万円以上のお店が高級店。吉原などには10万円以上の超高級店も!

Blog1

 ソープランドの料金は、かなり幅広い。格安店であれば1万円くらいでも遊べるが、高級店になるとその10倍くらいのお金が必要になることもある。一晩ではなく、数時間で10万円とは、さすがは、風俗の王様と言われるソープランド。吉原などには、料金がそれ以上の金額になる(16万とか17万とか)、超高級店もあるようだし。

 とは言え、入浴料とサービス料の総額が10万円を超えるソープランドは、全国に数店しかないらしい。ソープランドの場合、一般的に、料金の総額が6万円以上のお店を高級店と呼ぶようなので、もし総額が8万円くらいのお店に行く機会があったら、“俺は、高級店の中の高級店で遊んできたぜ!”と、胸を張っていいだろう。

Blog2

 というわけで、ソープランドの中には、料金が10万円を超える超高級店というものもあるのだが、そもそも高級店と格安店や大衆店、中級店の違いには、どんなことがあるのだろうか? 料金にかなりの開きがあるということは、当然ながら、サービスの内容も違うように思われるのだが、実は、してもらえることには、それほど大きな差はないようだ。

 それでは、なぜ料金に大きな開きがあるのかと言えば、それはズバリ、高級店では、いろんなものにお金がかけられているため! 具体的に言うと、まず、高級店は、お店の内装や外装にお金がかけられている。もちろん、お店の備品にもいいものが使われている。また、お店によっては、専属のヘアメークアーティストを雇っていたり、接客用にブランド物のスーツを揃えていたりもするようだ。簡単に言えば、高級店は、男性客が優雅な気分で遊べるように、最大限の努力をしているわけだ。そして、さらに…。
 
 高級店は、キャストの人選にも余念がない。高級店で働くためには、容姿がハイレベルであることは当然で、礼儀作法や立ち居振る舞いがしっかりしていることも必須の条件となるからだ。なので、ソープランドの高級店で働く女性は、銀座の高級クラブにいるホステスさんに近い存在であるのかもしれない。実際、知性を身につけるために毎日、いくつもの新聞を読むなどの努力をしている女性も、少なくないようだし。

Blog3

 最後にソープランドの高級店に関して、私見を少しだけ。

 庶民にとっては、高級店で働く女性は高嶺の花。一生のうちで一度か二度くらい会えれば御の字。お金の問題だけでなく、高嶺の花は、遠くから見ていればこそ、より美しく見えるものなので、しょっちゅう会えてしまったら、当然ながら、喜びは小さくなってしまうし。

 なので、個人的には、高級店で遊ぶのは、数年に一度くらいのペースでいいかな(ボーナスがたくさん出たとか、競馬でボロ勝ちした、みたいな特別なことが起きた場合にだけ)と思っている。もちろん、立場が変われば(上場企業の重役になるとか)、定期的に遊び行くのも悪くはないが…。

18/01/14 12:17:05


Banner
PAGE TOP ▲