紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

男のシンボルをパワーアップさせ、自信回復! 多くの男性を悩ます包茎、早漏、短小は、克服可能!?

Blog1

 男性の下半身にまつわる悩みと言えば、包茎、早漏、短小が定番。特に包茎は、日本人男性の約7割が包茎と言われているので、男性にとって最も身近な悩み、と言えるだろう。

 とは言え、包茎男性のほとんどが仮性包茎であり(真性包茎は、全男性の1割程度と言われている)、仮性包茎の場合は、真性包茎とは異なり、基本的には日常生活に支障をきたすことはない、とされているので(仮性包茎の治療に健康保険が適用されないのは、そのため)、仮性包茎の場合は、毎日、入浴をしてしっかりと洗浄を行い、普段、包皮に覆われている内側の部分(特にカリ首の周辺)を清潔に保つことができていれば、治療を受ける必要はないのだ(真性包茎の場合は、入浴云々は関係なく、できるだけ早い段階での治療が必要)。

 なので、仮性包茎であっても悩む必要はない、と言えなくもないのだが、包茎には見栄えの問題もあるため、実際に仮性包茎であった場合、ずっと気にせずに過ごしていくことは、それほど簡単ではない。仮性包茎であると、温泉や銭湯(スパ)などに行き、ズル剥けの友人や同僚のペニスを目の当たりにした場合、どうしても劣等感を抱きやすくなってしまうし、女性と性行為をする際にも、“包茎だとバカにされるのではないか!?”という不安から、性行為に集中することが難しくなってしまうため、“このままでいいのだろうか?”と自問する確率が高くなってしまうのである(もちろん、真性包茎にも当てはまる)。

Blog2

 というわけで、清潔に保つことができていれば日常生活に支障をきたすことはない、とされている仮性包茎であっても、亀頭が包皮に包まれたペニスの形状が気になる場合は、病院で治療を受けることが一つの選択肢になる。

 逆に言えば、病院で治療を受ければ、包茎の悩みからは解放されることになるのだが、仮性包茎の治療は、最もシンプルな手術方法を選択しても、10万円前後の費用が必要になるので、即決することはなかなか難しい(手術後の仕上がり具合をより美しくするために、美容整形的な治療をしてもらと、当然ながら、費用はさらに高くなるし)。

 また、包茎手術を行っている病院(クリニック)の中には、実績のあまりないところや(そこで手術を受ければ、当然ながら、失敗のリスクが高まる)、高額な料金を請求してくる詐欺的な商売をしている病院(クリニック)も含まれているため、事前の下調べ(過去の実績や具体的な手術方法、口コミによる評判などを確認)が非常に大切になる。

Blog3

 そんなわけで、包茎という、男のプライドに関わる問題を解決するためには、慎重な病院(クリニック)選びが必須。早漏や短小も、病院(クリニック)で治療をしてもらえば、問題を改善させることが十分に可能なのだが、やはり、慎重な病院(クリニック)選びがとても重要になる(その際に最も注目すべきは、やはり、各病院の過去の実績。もちろん、料金のチェックも大切。事前確認が必須)。

 少し大げさに言えば、信頼できる病院(クリニック)を見つけることができるかどうかが、下半身の治療を行う場合の最も重要なポイントとなるのだ。パワーアップ治療を受けてニッコリと微笑むためには、最初の段階で面倒くさがらずに、マメに情報を収集することが、とても重要なのである!

18/04/03 14:03:58


Banner
PAGE TOP ▲