紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

内外装だけでなく備品も豪華で泡姫のグレードも高い。ボーナス時期だから、思いきって高級店で遊んでみる!?

Blog1

 男なら、誰もが一度は行ってみたい! と思う高級ソープランド。だけど、総額で6万円以上という料金は、やはり、なかなか簡単に出せるものではない。“どうせならトップグレードの高級ソープで遊びたい”という場合は、10万円くらいの軍資金が必要になるし(ちなみに、料金の総額が10万円を超えるお店は、“超”高級店ということになるらしい)。

 しかしながら、高級ソープランドに行けば、今まで体験したことのないような極上の思いができるような気がするので、本当にそんなことが可能であるのなら、思いきって10万円という大金を投資してもいい。ちょうど今はボーナス時期だし。

 となれば当然、下調べをするしかない。まず、高級店と大衆店の違いはどこにあるのか? ひねくれた見方をすれば、“単に、高級店と言い張っているだけなのでは? 中身は大衆店と同じなのに”なんて気もしてくる。詐欺的な手法なんじゃないの? 的な(ほとんど言いがかり?)。

Blog2

 高級店と大衆店の違いは、本当にあるのか? その答えは、やはり、YES! 高級店と大衆店では、まず、お店の外装や内装の豪華さに違いがあるので、店内に入ればもちろんのこと、お店の前まで行っただけでも、“ぜんぜん違うね。やっぱり、高級店だ”と実感できるのだ。

 なので、派手さや豪華さを好む方は、泡姫と自由恋愛を楽しむ前から、おそらくある程度の満足感を得られるはず。宮殿やお城などを模したような内外装は、夢空間と呼ぶことも可能であるし。

 さらに、高級店は、備品も豪華。店内に置いてあるテーブルや椅子(ソファ)、マットなどは高級品ばかりなので、ゆったりした気持ちでくつろぐことが大いに可能。また、スタッフ(ボーイさん)の教育もしっかりとされているので、接客面でも高い満足感を得られる可能性が高い。宿泊施設でたとえるなら、高級店と大衆店では、シティホテルとビジネスホテルくらいの違いがあるのかもしれない。

Blog3

 また、高級店では、スタッフだけでなく、泡姫に対する教育もしっかりと念入りに(厳しく)行われているので、当然ながら、個室で泡姫と二人きりになった後の満足度も自然に高くなる。高級店の泡姫たちは、実際にお店に出る前にたっぷりと研修を受けているので、本題のサービス内容だけでなく、礼儀作法や立ち居振る舞いに関しても、しっかりしていることが当たり前。高級店は、そういった点でもやはり、“高級”なのだ。

Blog4

 というわけで、いろんな意味での豪華(高級)さを堪能しながら、ゆったりとサービスに身を委ねたいのなら、高級店を選択する価値は大いにあり! と言えるだろう。

 とは言え、すべての人間が、高級さや豪華さを良しとするわけではない。肩肘張らない“普通”の接客をしてくれる大衆店の方が、自分には合っている、という男性もきっといることだろう。なので、高級店と大衆店の良し悪しの判断は、人によって異なるものなのかもしれない。

18/07/03 14:30:54


Banner
PAGE TOP ▲