紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

リーズナブルな料金が魅力の大衆店。けっこうゆっくり遊べる中級店。構えずに気軽に遊びたいなら、激安店もかなりいい!?

Blog1

 前回は、ソープランドの高級店の魅力について書かせていただいたので、今回は、大衆店のそれにスポットを当てたいと思う。では、早速、始めさせていただく。

 大衆店の一番の魅力はズバリ、リーズナブルな料金! とは言え、大衆店と一口に言っても、お店によって、料金の幅がけっこう広く、料金の総額(入浴料とサービス料を合わせた金額)が2万5000円くらいのところもあれば、高級店に近い金額(5万円くらい)が必要になるところ(中級店と呼ばれている)もある。

 なので、高級店の下限である5万円に近い料金設定をしているお店(中級店)で遊んだ場合は、当然ながら、お得感が小さめになる確率が高くなる。しかしながら、料金設定が高級店に近いということは、泡姫の容姿のレベルやサービス内容が高級店に近い、ということになるので、“これはなかなかのサービスだ”と納得できるだけでなく、もしかしたら、“これなら、この価格でも十分にあり。いや、けっこう得したかも”となるかもしれない。

Blog2

 そもそも料金の安さを求めるのなら、1万円くらいで遊ぶことも可能な激安店に行けばいい。ただし、激安であるのは、それなりの理由があるからなので、注意が必要になる。

 まず、激安店は、泡姫と自由恋愛を楽しめる時間が短い。高級店の場合、110~180分というのが、接客時間の長さの目安になっているが、激安店は、それが40分くらいだと思っておいた方がいい(格安店なら60分。大衆店・中級店は90~100分くらい。当然ながら、中級店と呼ばれるお店の方が、接客時間が長くなる)。となれば当然、激安店では、高級店のような丁寧でゆったりとしたサービスを受けることは難しくなる。

 また、激安店は、当然ながら、お店の造り(豪華さ)も高級店に及ばないし、泡姫の所作なども、荒っぽくなる傾向がある。なぜかと言えば、激安店では、高級店のようなしっかりとした教育(研修)が、泡姫になされていないことが普通であるから。逆に言えば、だからこそ激安でサービスを提供できるのだ。

Blog3

 なので、料金が安くなればなるほど、基本的には、サービスの質が落ちてくる、と思っておいた方がいい。泡姫の質(容姿)に関しても、やはり、全般的には、高級店の方が上と言えるので、美しい泡姫とゆったりと自由恋愛を楽しみたい、という場合は、高級店もしくは、高級店に近い料金設定をしているお店を選んだ方がいい。

 とは言え、“料金がリーズナブルなお店には、容姿に恵まれた女性がいない”というわけではない。“高級店のような長時間のサービスは、自分にはキツい”“できることなら伸び伸びと接客がしたい”といった理由から、あえて激安店や大衆店を選ぶ美しい泡姫も少なくないので、料金がリーズナブルなお店でも、ルックスのいい泡姫に会えることは、十分にありえるのだ。

Blog4

 というわけで、ソープランドをABCの3つのクラスに分類した場合、真ん中のBとなる大衆店は、基本的には、そこで働く女性の質や、サービス内容の充実度が平均的である、と言うことができる。しかしながら、その基準は曖昧で、人にはそれぞれ“好み”というものがあるので、必ずしも高級店の方が優れている、とは言い切れない。

 また、大衆店の下のクラスになる激安店や格安店の中にも、高級店とは違う魅力を持つお店がたくさんあるので、人によっては、“俺的にはこっちの方がベスト!”ということにもなる。なので、ソープランドのお店選びは、ある意味、一筋縄ではいかない。だから、ベストなお店選びをするためには、自分が求めているサービスがどんなものなのかを、しっかっりと把握することが非常に重要になってくる。

 優雅で丁寧、美女たちがきっちりと満足させてくれる高級店。値段が安くて接客がラフゆえに、気軽に遊べて楽しめる激安店。優雅な雰囲気や豪華さはないが、サービス内容自体は充実している大衆店。あなたならどれを選びますか?

18/07/10 10:52:04


Banner
PAGE TOP ▲