紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

今目指すべきは東京や大阪より気温が低い沖縄のソープランド! 吉原や堀之内などはもちろん、栄町や大宮北銀座、八重垣新地で、ひと夏の恋に落ちるのもいい!?

Blog1

 暑いですね~。今年は間違いなく記録的な猛暑。最高気温が35度なんて当たり前で、いつ40度超えをしてもおかしくない。実際に昨日、熊谷(埼玉)と青梅(東京)で40度を突破したし。

 ただ、不思議なのは、沖縄の最高気温が、だいたい31~32度であること。日本で一番暑い地域であるはずの沖縄が、プチ避暑地的になっているのが、何ともストレンジ。イメージ的には、連日、38度くらいになってもよそうなのに。

 しかしながら、実際には、沖縄の8月の最高気温が35度を超えることはほとんどなく、2000年以降に限ると、8月の最高気温が35度を超えたのは、2001年、2003年、2006年、2017年の4度だけ。2011年の最高気温などは、33度にも届かなかったようなので(32.9度)、東京や大阪と比較した場合は、8月の沖縄はプチ避暑地、と言っても差し支えがなさそう。なので、8月は、避暑を兼ねて沖縄に飛び、辻のソープランドで自由恋愛を楽しむ! なんてことも、けっこういいアイデアかもしれない。

Blog2

 とは言え、8月の沖縄は繁忙期なので、飛行機代やホテル代がかなり高く、気候の方も、最高気温は東京よりも低いものの、湿度が5~10%くらい高いため、実際には、“涼しい”と実感することは難しい(不快指数が高い、ということですね)。

 おまけに、日差しが強いので、気温以上の暑さを感じる可能性も高い。なので、実際に沖縄遠征(旅行)を検討する際には、慎重な判断が必要。勢いだけで決めてしまうと、“やっぱり、沖縄だ。総合的に見ると、一番暑いよ~”なんてことになる可能性もあるので。

Blog3

 というわけで、沖縄の夏の暑さは、気温以上のものがある、と考えておいた方がいいかもしれない。しかしながら、空と海の青が最も鮮明なのは、やはり、沖縄。それが一番映えるのは、当然ながら、日差しが強い真夏! なので、最も夏らしい思い出が作りたいのなら、沖縄遠征(旅行)の決断は、非常にいいアイデア。南国の女性が最も輝いて見えるのは、おそらく真夏(8月)であるだろうし。

 もちろん、夏休みの遠征(旅行)は、沖縄以外でもOK。関西方面在住の方なら吉原(東京)や堀之内(神奈川)、思いきってすすきの(北海道の札幌)などを目指すのがいいだろうし、逆に、東日本住まいならば、金津園(岐阜)や雄琴(滋賀)、福原(兵庫)、南新地(福岡の中洲)あたりが狙い目になる。

 また、“メジャーなものよりもマイナーなものに興味を惹かれる”違いが分かるタイプの男性は、あえてメジャーなソープランド街を外し、関東ならば大塚や金町(ともに東京)、栄町(千葉)、大宮北銀座(埼玉)あたりを、関西方面なら八重垣新地(香川)や薬研堀(広島)などを目指してみるといいかもしれない。

Blog4

 いずれにしろ、夏は、バカンスだけでなく、冒険の季節でもあるので、普段、行けないような場所に思いきって繰り出してみると、いい思い出が作れる確率が高くなるはず。

 縁も所縁もない遠くの街に住む、地元の泡姫とのひと夏の恋。たまには、そういうものも、いいのではないでしょうか?

18/07/24 10:22:53


Banner
PAGE TOP ▲