紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

高級店、中級店、大衆店。お店のランクは、料金と接客時間で決まる? 吉原や堀之内では、料金の総額が7万円を超えると“超”高級店!?

Blog1

 一口にソープランドと言っても、お店によって、料金や接客時間などはいろいろ。一般的に、ソープランドは、高級店、中級店、大衆店に分類されるが、その違いの主な基準は、料金と接客時間で、高級店は、入浴料とサービス料を合わせた総額の料金が5万円以上で、接客時間が110~130分、中級店は、3~5万円ほどの料金で接客時間が90~100分、大衆店は、接客時間が40~60分程度とかなり短めながら、料金は3万円未満とリーズナブルになっている。

 ちなみに、吉原や堀之内の高級店と中級店の料金の相場はそれぞれ、5万円以上と3~5万円なので、オーソドックスで標準的。大衆店に関しては、2万円前後で遊べるお店も多く、一般的な料金の相場よりもリーズナブルになっている。

Blog2

 というわけで、“2時間くらいたっぷりと(もしくはそれ以上)、自由恋愛を楽しみたいなら高級店”ということになる。高級店は、接客時間だけでなく、泡姫の質やサービス内容も充実しており、お店の造りやインテリアなども豪華であることが多いので(建物自体が大きめで接客してもらう個室も広め)、リッチな気分でゆったりと自由恋愛が楽しめる。最低でも5万円という料金は、一般人の感覚では、かなり高めということになるだろうが、それだけの価値はある、と断言しても差し支えはないだろう。

 ちなみに、吉原や堀之内に代表される関東のソープランドでは、料金の総額が7万円以上のお店を“超高級店”としているようだ。

Blog3

 いずれにしろ、ソープランドの高級店は、ある意味、夢の世界。すべてのお店がそうであるわけではないが、一般的に、高級店に勤務している泡姫は、立ち居振る舞いが美しく、言葉遣いや接客態度も優れているものなので、非現実的な喜びを感じることも十分に可能。懐事情から定期的に遊びに行くのは難しいにしても、自由恋愛好きな男性なら、年に数回、ボーナス時期あたりには訪ねてみたいものだろう。

 もちろん、中級店や大衆店にもそれぞれ多くのよさ(メリット)がある。なので、結論を言えば、ソープランドは、お店のランクに関わらず、どこも楽しい! ということになる。高級店が憧れの場所であることは、確固たる事実ではあるが。

18/11/14 10:16:39


Banner
PAGE TOP ▲