紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

吉原、堀之内、栄町、新宿、池袋、錦糸町…、場所がどこであれ、ソープランドが自由恋愛を楽しめる“お風呂屋さん”であることは変わらない。大人の裸の社交場なのだ!

Blog1


 風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)では、ソープランドを、「浴場業(公衆浴場法1条1項に規定する公衆浴場を業として経営することをいう。)の施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業 」と定義している。なので、泡姫が接客をする個室には、それぞれお風呂があるわけだ。言ってみれば、ソープランドは、個人経営の小さなお風呂屋さんの集合体なのだ(経営者は、各個室の泡姫。お店[ソープランド]は、泡姫たちに、接客に必要な場所を提供)。

 だから、ソープランドに遊びに行く場合は、「ひと風呂、浴びに行くか」というのが正解。ただし、それでは、銭湯や日帰り温泉などに行くのと混同されてしまうので、最後に「キレイなお姉ちゃんのいるお店に」と付け加えるといい。もし仕事帰りなどに、会社の同僚に告げることがあった場合は(あまりないだろうが…)。

Blog2


 というわけで、お客さんが来てくれなければ、それは、ソープランド店だけでなく、泡姫にとっても死活問題。泡姫の給与は歩合制なので(入店したばかりの頃は、仕事に慣れるまで、「基本給+歩合」ということもあり。ただし、その際は、歩合の取り分が小さくなる)、極端なことを言えば、お客さんが一人も来なければ、その日の給与は0円。「今日は、楽でよかったわ」ということにはならないのだ。

 なので、新規よりもリピーター重視になるのは、ある意味、当たり前。毎月、確実にお金を落としていってくれるお客さんは、泡姫にとっては(お店にとっても)、非常にありがたい存在。だから、何度もリピートしていけば、お店や泡姫の対応は、自然によくなるもの。普通に自由恋愛を楽しんでいる限りは…(当然ながら、マナー違反をする客は、リピーターでも煙たがられる。最悪の場合は、出禁に!)。

Blog3


 とは言え、「一見の場合は、お店や泡姫の対応が雑になる」というようなことは、もちろんない。言ってみれば、一見の客は、“未来のリピーター”なので、当然ながら、おざなりにはできないからだ。

 ただし、ソープランドの個室は、自由恋愛の場でもあり、男女の間には、“相性”というものがあるので、泡姫たちが、すべての客にまったく同じように接することは至難の業。潜在的な意識の中で、相手に“好意”を感じれば、当然ながら、対応はよくなるだろうが、逆のケースも十分に考えられるからだ。

 もちろん、泡姫たちはプロのサービス業者であるので、相手によって、意識的に対応(態度)を変えるようなことはないだろうが、人間には、感情というものがあるので、細かい部分に少々、違いが出てくるのは、致し方ないこと。逆に言えば、相性のよい泡姫に出会えれば、最高の対応をしてもらえるわけなので、そういう意味では、夢が広がる。

 いずれにしろ、ソープランドは、自由恋愛が(も)楽しめるお風呂屋さん。男としては、懐の具合に余裕があれば、“「ひと風呂、浴びに行く」価値は大いにアリ!” とは言えそうだ。

19/01/31 10:04:39


Banner
PAGE TOP ▲