紳士のための首都圏ソープランド情報

吉原・上野・池袋・新宿・渋谷・五反田
川崎・横浜・千葉栄町・大宮・川口・北関東

おとせんコラム

吉原でも堀之内でも新宿でも、高級ソープランドのお仕事はかなりハード。肉体だけでなく頭もフル回転させる必要があるので、接客人数は1日に3人が限界!?

Blog1



「風俗の王様」などと言われることもあるソープランド。なぜゆえにそんな風に呼ばれることがあるのかと言えば、それはズバリ、あらゆる風俗の中で、ソープランドのサービス内容や料金が最高だから! 

 ちなみに、吉原や堀之内などにある高級ソープランドの料金は5万円以上(入浴料とサービス料を合わせた総額)。その中には、サービスを受けるために8万円以上のお金が必要になる“超”高級店も含まれており、ソープ好きの男性の憧れの場所にもなっている(一夜の自由恋愛に10万円近いお金をつぎ込むのは、庶民にとっては簡単にできることではない、かなり勇気のいる行為なので)。

Blog2



 いずれにしろ、高級ソープランドの料金は、あらゆる風俗の中でトップクラス。当然ながら、そこで働く女性が手にする金額も高額になる。

 とは言え、高級ソープランドの仕事は、かなりのハードワーク。まず、一人のお客さんに対する接客時間が約2時間と非常に長く、準備や後片付けなどにも時間がかかる。また、その接客時間の中で、来ていただいたお客さんに、いろいろなおもてなしをする必要がある(受身ではいられない)ので、体力面の負担がかなり大きい。

 そうなのです。高級ソープランドで働けば、高額の報酬を手にすることはできるけれど、そのためには、多くの時間と並ではない体力を提供しなければならないのです(高級ソープランドで働くためには、優れた容姿だけでなく、高い接客術を身につけることが前提条件にもなるし)。

Blog3



 というわけで、高級ソープランドの料金と、そこで働く女性が受け取る報酬が高額なのは、至極当然。楽をして大金を得ているわけでは、決してないのです(その反対と言った方が、おそらく的確)。簡単に言えば、高級ソープランドのお仕事は、かなり大変な(骨の折れる)肉体&頭脳労働であるのです!

 なので、接客できる相手(男性)は、1日に3~4人が限界。ただし、1日に4人もの男性のお相手をしたら、たぶん、心身ともに疲れ果て、翌日には一日中、寝て過ごすことになるはず。高級ソープランドのお仕事は、それほどハードなのです。

 ちなみに、接客時間が短い大衆店でも、1日あたりの接客人数のMAXは、6~7人くらいであるようです(もちろん、そんなに仕事をしたら、やっぱり、身も心もボロボロ)。

19/02/21 09:35:20


Banner
PAGE TOP ▲